7ステップから学ぶ、復縁の際に元カノとの正しい冷却期間の置き方

【7ステップ】復縁の際に元カノとの正しい冷却期間の置き方

7ステップから学ぶ、復縁の際に元カノとの正しい冷却期間の置き方

復縁における冷却期間の正しい置き方

このコーナーは題材に沿って、「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」の内容を公開し、学んでいくことを目的としています。今回は、「復縁における冷却期間の正しい置き方」です。

 

 

7ステップでは、冷却期間について次のように書かれています。

 

 

7ステップから一部抜粋

一般的な冷却期間は3ヶ月と言われています。しかし、全員に冷却期間が必要では「ない」ということです。

 

冷却期間を置いた方が、復縁がうまくいく場合もありますが、冷却期間をおいたばっかりに復縁に失敗したということもよくあります。

 

「別れて時間をおかなければ、成功していたのに・・・」という悔やんでも悔やみきれない失敗です。

 

基本的に別れた時の原因、状況により判断します

 

冷却期間は、状況に応じて期間を考える必要があるということです。

 

 

まず冷却期間は何のためにおくものか?というところから確認しておきましょう。

 

 

冷却期間というのは、相手があなたに対して抱いている嫌な感情が薄れるまで待つこと。そしてあなた自身が冷静になり、復縁の準備を進める時間を確保するためです。

 

 

復縁の準備というのは、別れた原因を明確にする時間だったり、彼女に振りむいてもらえるように自分磨きをすることです。

 

 

では、どのような状況ならどうすれば良いのか?7ステップの一部を抜粋して、考えてみましょう。

 

冷却期間を置いた方が良い場合

・別れ際にしつこくしてしまった
・相手が頑固タイプ

 

まず別れ際にしつこくしてしまって相手があなたに嫌な感情を抱いている場合、相手が頑固で「別れた」という事実を曲げたくない女性の場合は冷却期間を置いた方が良いでしょう。

 

 

冷却期間を置かない方が良い場合

・自分から別れを切り出した
・軽い喧嘩別れ
・相手が別れる時に泣いていた

 

しかし、あなたと別れたくなかったと彼女が思っている場合は、冷却期間を置く必要はありません。出来る限り早く、復縁したいという事を伝えてあげるべきでしょう。

 

微妙な場合

・重い喧嘩が原因で別れた
・相手の浮気で別れた
・自分の浮気で別れた

 

 

相手や自分の浮気で別れた場合は、状況によるかと思います。例えば自分の浮気で別れた場合、浮気相手の顔を彼女が見たかどうかによっても変わります。もし見ていたら、あなたを見るたびに浮気相手の顔を思い出し、とても復縁どころではないでしょう。

 

 

しかし見ていない場合、あなたにもまだ挽回の余地はあるでしょう。彼女があなたに未練があれば、しっかり謝ることで許してくれるかもしれません。彼女はどう思っているのかが大切です。

 

 

喧嘩別れも、相手の浮気で別れた場合も、同じです。「あなたに興味がなくなったから」なのか、「あなたは好きだけど出来心で」なのかで、浮気によっても対応は分かります。

 

 

彼女はあなたに今未練があるのかどうかを考え、もしあるのであればすぐに行動した方が良いです。しかし彼女があなたに嫌な感情を抱いていたり、興奮している状態なら冷却期間を置いた方が良いでしょう。

 

 

「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」の口コミ&レビューはこちら