7ステップから学ぶ、復縁確率を飛躍的に上げる会話テクニック

【7ステップ】彼女との復縁確率を飛躍的に上げる会話テクニック

7ステップから学ぶ、復縁確率を飛躍的に上げる会話テクニック

まず、復縁でやるべき事

このコーナーは題材に沿って、「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」の内容を公開し、学んでいくことを目的としています。今回は、「復縁確率を飛躍的に上げる会話テクニック」です。

 

 

今回は、7ステップに書いている「フラッシュバック」について学んでいきましょう。フラッシュバックというのは、以前の記憶を思い出させる事言います。これにより、あなたとの良い思い出を彼女に思い出させ、あなたにまた会いたいという思考に誘導することができます。

 

 

7ステップから一部抜粋

例えば、ディズニーランドに思い出があったら、「昨日ディズニーランドの前通って思い出しちゃったよ」とか、「その時こういう風にしたよね」とか相手がうっすら覚えているかぐらいの事をついてみることです。

 

そういうのを思い出してあげると、懐かしいというところで会いたいという気持ちに変わっていく可能性があります。

 

 

この方法は非常に強力で、メールや電話でフラッシュバックさせるという準備をしてからデートに誘うと、復縁に成功する確率が非常に高くなります。

 

 

しかし、この「うっすら覚えているかどうか」というのが非常に大切です。強めに思い出をアピールしてしまうと、「過去の思い出に浸っている女々しい男」と思われてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

 

私が復縁の相談を受けた人で、ラインのタイムラインで元カノとの良い思い出を投稿していたら、「未練たらたらで気持ち悪い」と裏でささやかれていた人がいます。たまにメールをした時に、うっすら覚えてる程度のものを、さりげなく話す程度が良いでしょう。

 

 

「彼女がうっすら覚えいて、楽しかった思い出なんて思い出せるかな・・・」と、思われたかもしれません。

 

 

しかし、7ステップは、彼女を理解するために、様々な質問に答えていくワークです。彼女の事をさらに理解するために、彼女との思い出を考え抜く環境が揃っています。

 

 

つまり、彼女との良い思い出のリストが作られている状態です。

 

 

そのリストの中から、「彼女がうっすら覚えている事」という条件にあっている思い出選んで、彼女に伝えていけばよいのです。本当に覚えているかどうか微妙な「懐かしさ」のある思い出のほうが効果的なので、しっかり考え抜かないと効果が半減してしまいます。

 

 

少し考えて思い出せる程度の思い出では、効果が薄いのです。

 

 

7ステップを購入していない場合は、一体彼女との間にどんな思い出があったのか、自分で書き出して、しっかり思い出を選んでいきましょう。

 

 

「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」の口コミ&レビューはこちら